So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

復活?

しばらくサイトを「閉鎖」していましたが、非公開にしてあった記事の一部を再「公開」しました。

Né Ladeiras「Da Minha Voz」 [レヴュー(女性ヴォーカル)]

久々の記事UPダス・・・・・・・・(^o^;)


今回のmusic・・・・・


くくりは

<WORLD MUSIC ~ 女性ヴォーカル物>・・・でございます。



Né Ladeiras「Da Minha Voz」


20120311.jpg

 

ん???・・・・・・・・・・「誰??それ・・・・????」ってか。

ポルトガルの女性アーティストです。

えと・・・・・女装男子じゃないですよ~~~!!!(><;)




同国内では、名の通った・・・・活動歴も長い

BANDA DO CASACOというトラッドグループに在籍していた

フロントヴォーカリストで、その後ソロになり現在に至るのですが、

このアルバム自体がすでに2001年作。


すみません・・・・その後の活動歴・・・・・・・・・

知りませんっっ!!!から~~~~!!!!


元々在籍していたBANDA DO CASACOもいいグループでしたが、

このアルバムは、本人の活動実績と落ち着いた年齢になってきた円熟味が

うまく作品に反映されていて、なかなか素敵な1枚になっています。


それまでのトラッド色が強い作風から、民族色が濃くなり、音もやや派手になったかな?

全体の傾向も、ポップ化していて聴きやすい。


しかし・・・・・一筋縄ではいかない屈折度も強くて、

それらの融合が、非常に面白い雰囲気です。

まあ、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、

個人的には、お勧めです。



以下、

わたしのお気に入りショップ<GARDEN SHED>さんのレヴュー引用です。


********************************

RIGADA VICTOR JARA、BANDA DO CASACOを経て、

ソロに入っている彼女の01年作。

前作はアコースティックな作品だったが、本作では幾分ポップス寄り。

ヴァイオリンやシンセも加えた民族色のある、

コンテンポラリー・サウンドに仕上がっている。

アンビエント、サンプリングも入るが、これが変に屈折しまくっており、

流石、元BANDA DO CASACOといった感じ。

ポルトガルにしかないアレンジと音。

ご当地弦楽器、サンフォーナの響きも美しい。

進化したファド・ポップスの傑作か。


*******************************

 

動画は、こちら(なんかYouTubeの埋め込みができんかった)

 http://www.youtube.com/watch?v=8bjTBQM2rAM&feature=player_embedded#!

 


nice!(7)  トラックバック(0) 

息子の成人式 [つれづれ]

今日は、息子の成人式です。

 

4年前に他界した妻が、体の不調を抱えつつがんばった子育てのバトンを引き継いで、

やっと、なんとか一段落といった感じです。(^◇^)

 

 

しかし、

物静かで、ちょっと積極性と主体性に欠けるかな?という感じはありますが、

比較的世話のかからない子供だったので、

仕事と子育ての両立に関しては、それほど苦労はありませんでした。

 

 

妻が他界した時、彼は感受性の強い17歳という時期だったので、

やや精神面での不安がありましたが、

父子家庭になったという事実を、彼なりに受け止めて、

自分の中で消化して受け入れたのだと思います。

 

 

そして・・・・・・たぶんぼくへの気遣いもしていたと思います。

 

 

 

ぼくも、あまり彼の生活に干渉せずに、

基本的に

ひとりの自立した個人としての主体性を尊重するような接し方をしてきたつもりです。

 

 

 

今朝は、

大学の入学式のときに2着買ったスーツの内、そのまま1度も着ずにしまってあった

ブランド物の1着を身にまとって出かけましたが、

 

 

馬子にも衣装・・・・・というか、

その姿を見ると、

キチンと成長したことを実感しました。

 

 

さて、今夜はふたりで寿司でも食べて、酒でも飲もうかな?(^◇^)

 

 

 

 

 


nice!(7)  トラックバック(0) 

オペラ [食(スイーツ編)]

ハーゲンダッツ今シーズンイチオシ「オペラ」を食べた。



opera1.jpg



 

中身は・・・・・・

opera2.jpg

 


 

もともと、ハーゲンダッツは、濃厚なチョコ系のアイスには定評があると思いますが、

ぼくは、それに加えて、このオペラというケーキ自体が好きなので、


これは、買うっきゃないっっっ!!!


・・・・・・・・・・・・と、

飛びついたのでした。(^◇^)


なかなか買う機会がなかったのですが、

先日、ようやく購入。


さっそく食べてみました・・・・・・・・・


結果は、

期待が大きすぎたせいか、

まあ、予想通りの味・・・・・といったところです。


予想を大きく上回る感動!!・・・・みたいなのを期待していたのですが。



で、このアイスのお値段ですが・・・・・・・


ハーゲンダッツの一般的なミニカップアイスと同じ大きさですが、


なんと!!! 1個 420円


ふつーに一流菓子店のケーキの<オペラ>が買えますねえ~~ (^o^;)



これが、高いか安いかは、各自の舌で味わって判断しましょうね。







歩数計 [つれづれ]

今年の健診で引っかかって・・・・・

再検診を受けたときに、


健診センターの相談室での面接の際に、

可愛らしい女医さんと約束したので・・・・・


10月から歩数計を付けて、毎日の歩いた歩数を記録しています。


通常に仕事で出社する場合は、

会社への行き帰り+会社から客先への出向等で、けっこう歩きます。


休日も、とりあえず目的がなくてもどこかに出歩くようにしています。


成人男子の1日に歩く必要量は6000歩~8000歩以上ということらしいのですが、

現状では、ほぼクリアできていますし、

多い時は、2万歩くらい歩くこともあります。




ところで、今日は仕事を休んでいたのですが、

年末ということで・・・・・・午前中は、

年賀状書き

そして

お風呂場の清掃・・・をやっていました。


お昼頃に一段落ついたので、歩数計を見てみたら・・・・・・・・・!?


P1000918.jpg


たったの・・・・・


230歩!!!!!( ̄□ ̄;)!!


しかも、


<エクササイズ歩数> 0歩!!!!

※注; 運動量として有効と判断できる歩数



うちの中にいるのって・・・・・・こんなに歩かないのね・・・・・・あせる あせる



外出時に比べて、

想像以上の極端な差に、ちょっとビックリなのでした!!!!





nice!(1)  トラックバック(0) 

何のためにこんなものを・・・・?? [つれづれ]

ネットで拾った話題・・・・・



これ、どう見てもイラストでしょっっ!!!!!

65ee9b50-s.jpg

 


んでもって・・・・・実写との合成・・・・・・・・

a3189d75.jpg


 





・・・・・・・・・ん??


14b707ae-s.jpg


なんと!!ふつうにバッグです!!!! ( ̄□ ̄;)


まさか、ホントに使えるバッグとは・・・・・・・!!!!!

 

 

ビックリした~~~!!!!(笑)\(゜□゜)/







nice!(5)  トラックバック(0) 

TOKYO JAZZ FESTIVAL 2011 [ライヴレポート]

演歌一直線(まっしぐら)の親父から、JAZZライヴのチケットが届いた!!!!

じつは、知り合いからもらったチケットらしいのだが、
書いたとおり演歌一直線の親父は、
はなから、あまり行く気はなかったうえに、

それに加えて、母がひざを痛めており、
その手術入院の日程と近いため、
準備等でゴタゴタして、それどころでないらしい。


というわけで、
この素晴らしいチケットは、放蕩息子のぼくの手に・・・・・・



9月2日(金) 18:30~ 有楽町 東京国際フォーラム ホールA

ぼくは、急きょこの日有給休暇を取ったのだが・・・・・・・・
前日(1日)の夜に連絡が入り、
当日(2日)は、午前中いっぱい客先の病院で仕事!!(T_T)

その後、大慌てで自宅にとんぼ返りし、
シャワーで軽く汗を流して、
ライヴ鑑賞スタイルに着替えて、
いざ、会場へ・・・・・・GO!!!


チケットは、まず座席券と交換しなくてはならず、
その時間がPM3時半から・・・・・・・

ということで、
会場付近へ行ったものの・・・・・・

案内表示等が皆無・・・・って、どういうこと???

不親切すぎますから~!!  


どうも、ぼくと同様座席券の交換目的と思われる、
それらしいヒトもチラホラいましたが、
みなさん、途方にくれている模様・・・・・・(とほほ・・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、紆余曲折を経て、なんとか座席券交換できました。


そして、あとは6時半の開演までは自由時間ということになります。


ぼくは、サ店で伊坂幸太郎の小説をじっくり読んで、
夕飯代わりに、カレー屋で軽く食事を済ませ、
6時に戻りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



開演までは、多少時間の余裕があったので、
まずは、グッズを物色。

スマホ用にネックストラップ、
そして、なぜか気に入ってしまった<扇子>を入手。

P1000859-アメブロ.jpg


*****************************************


開演10分前位に会場入りして、ステージを撮影していたら・・・・・
係のヒトに、やんわりと「ダメです」って、注意されちゃった。(てへっ)


でも・・・・その写真載せちゃうけど・・・・(^◇^)

P1000857-アメブロ.jpg


開演は、6時半・・・・・ほぼピッタリに始まりました。

出演は3組。

以下、演奏順にレポしていきます。


<菊地成孔DCPRG>

ドラム×2、パーカッション×1、ベース×1、Eギター×1、キーボード×3(本人含む)、
ホーンセクション×3・・・・・・

という、大人数構成!!

詳細は下記
------------------------------------
菊地成孔(cond,CDJ,key)、坪口昌恭(key)、丈青(key)、大村孝佳(g)、アリガス(b)、
千住宗臣(ds)、田中教順(ds)、津上研太(sax)、高井汐人(sax)、類家心平(tp)
【ゲスト】Richie Flores(perc)
------------------------------------

菊池成孔氏は、知っていたけれど、音に接する機会はほとんどなくて・・・・・
今回初めてまともに聴いた感じなのですが、

圧倒されました!!!

ドラムス二人が微妙にかみ合わないリズムをたたき出し、
それに絡めて各奏者が自由に演奏を合わせているような感じの1曲目冒頭から、
意図的に不協和音を作り出している印象で、
それが、徐々に収拾していって、中盤のホーンセクションの整った音が入るあたりから、
終盤に向けて一つのまとまった音の塊になっていく・・・・・・

アグレッシブでありながらも、そこには美しさと力強さがあり、聴く者を惹きつけます。

音圧のぶ厚さと、アバンギャルドなアプローチは、
JAZZというよりも、
どちらかというとロックの荒っぽさに近いものがあります。

ロック畑にも<ジャズロック>という「ジャンル」がありますが、
そんなものより、ぜんぜん荒々しくって、
すでに、JAZZやロックといったボーダーラインを越え、 そんなもの(ジャンル)を嘲笑っているかのような印象さえ受けます。

全く予備知識がないのに・・・・・・
いや、だからこそかな?

とにかく、熱くなりました!!!!


素晴らしい!!!


<ラウル・ミドン>

このアーティストは、全く予備知識がなかったのですが、
ステージには生ギターと、2連の手で叩くドラムのセッティングのみ。

菊地成孔DCPRGとは、うってかわってシンプルな構成。
演奏者も本人のみです。

盲目の男性ジャズシンガー。

前のアーティスト(バンド)が、ど迫力だっただけに・・・・・・・
始まる前は、本音を言うと<やや不安>がありました。


しかし・・・・・・・

いいっっ!!!
とてもいいです。(^◇^)

JAZZというよりも・・・・・
どちらかというと、シンガーソングライター、
あるいは、ロック/ポップス寄りのソロアーティスト的な印象が強いです。

彼の声!!!・・・・・・いい声です。

曲もいいです!!!

たぶん、ビリー・ジョエルやエルトン・ジョンなんかが好きな人には、
好意的に受け入れられるのではないかな?
ロック色は皆無ですが・・・・。


それから、ステージパフォーマンスも、なかなか魅せてくれます。

セットされているドラム2個のパーカッションを、右手で叩きながら、
左手だけでギターを弾く、超絶技巧テクニック!!!
そうです、コードを押さえながら、あいている指で弦を弾きます!!!(驚!!)

モチロン、ネック部分のみでの演奏になりますので、
音は、ベース音に近くなってしまいますが・・・・・

そして・・・・・
これは、(ぼくとしては)このアーティストでしか見たことがないのですが、
なんと、ギター以外の音を、<ボイパ>(!?)で曲の中に取り入れてしまうのです。

つまり、ヴォイスパフォーマンス(人間の声で、楽器や自然音を真似するパフォーマンス)を
普通に取り入れて曲を作っているわけです!!!

まあ、「裏技的にはありかな?」とは思っていましたが、
ホントに取り入れてしまうアーティストがいるとは!!!

この自由な発想は、素晴らしいです。


そして、これらのパフォーマンスは、
単純にエンターテイメント性を付加するわけではなく、
彼のステージでは、音楽的な完成度を上げるための
必然として取り入れられているのです。

個人のアーティストができる以上のパフォーマンスを見せてくれて、
しかもその完成度も、非常に高い。

演奏終了後、客席から盛大な拍手が沸き起こったのは、言うまでもありません。


<JAZZ FOR JAPAN>

※以下、ライヴの案内の謳い文句です

震災後、LAのプロデューサー:ラリー・ロビンソンの呼びかけのもと ジャズのトップアーティストが集合し、 震災支援のためのチャリティーCDを急遽録音。 日本のチャートでも1位になり、大変な話題を呼んだ。 今回はこのCDへの参加メンバーを核に 「音楽を通じて日本を元気づけたい」という特別な思いを携え、 アメリカの人気アーティストたちが東京JAZZのためにスペシャルバンドを結成。 今後も随時発表されていく豪華メンバーにこうご期待。


ちなみにメンバーは、以下の通り

アル・ジャロウ featuring クラレンス・マクドナルド、デヴィッド・T.ウォーカー、デル・アトキンス、 ヒューバート・ロウズ、エンドゥグ・チャンスラー、トム・スコット

説明不要の、ベテラン・・・・・重鎮ばかりです。

ぼくが余計な説明をする必要はないと思います。

これぞ、王道JAZZ!!!!!!


どのアーティストも、はっきり言って<おじいちゃん>と言っていい年齢層ですが、
<老いてなお盛ん>・・・・・・というか、
貫禄といぶし銀のパフォーマンスです。

興味がある方は、NHKのTV放映をじっくり観てください。

ぼくが、こしゃくな説明なんかしたら、
おそらく木っ端みじんに消し飛んでしまうようなパフォーマンスを
そこで体感できるはずです。


※場内アナウンスあったのですが、放送日時はよく聞き取れませんでした。

※調べたら、このライブの模様は15日14時からBSプレミアムで放映でした。
















nice!(6)  トラックバック(0) 

ザ・ピーナッツ「エピタフ」 [レヴュー(カテゴリーフリー)]

ザ・ピーナッツ、知ってますか?


「ふりむかないで」とか・・・・・

「恋のバカンス」とか・・・・・・

「情熱の花」とか・・・・・・


一世を風靡した、双子の女性アイドルデュオですね。



んで・・・・・・


キング・クリムゾンって、知ってますか??


デヴューアルバムが、

ビートルズの「アビーロード」を追い落としてチャートトップになった・・・・

という、鳴り物入りで紹介されたわけですが、


それもそのはず、デヴューアルバムがすでにモンスター級の完成度!!


ちなみにこんなんですけど・・・・・


「クリムゾンキングの宮殿」

kc0000011.jpg


こ・・・こわ!!!




で・・・・・・・・・・


どう考えても、全く接点がなさそうなこの両者なのですが、


なななな・・・・・・なんと、


ザ・ピーナッツが、このアルバムの中の名曲「エピタフ」をカバーした

音源があるのですね!!!!(ビックリ!!!)




まあ、ザ・ピーナッツのおふたり・・・・・


上記の曲以外にも、


「モスラの歌」とか・・・・・・・

「恋のフーガ」とか・・・・・


けっこう、それなり・・・・というか・・・・

きわものチック、というか・・・・・・・


まあ、そんな感じの歌も歌ってますし・・・・


こーゆーのもアリかなと・・・・・


しかも、これがまたいい感じに仕上がってるのです!!!



どぞ・・・



nice!(5)  トラックバック(0) 

「エクスペンダブルズ」 [映画のこと]

さてさて、ただいま絶賛腰痛中!!!(T_T)なので・・・・・

この週末は、自宅療養の予定なのですが、


今日は、
あまり腰痛には良い影響がないような・・・・・・・・

話題のスーパーバイオレンスアクション大作
「エクスペンダブルズ」を、観ましたよ。
imagesCARTTVLZ.jpg

(あ、レンタルDVDね)




内容は、

人質救助を始め、条件が合えば
金のために何でも危険な仕事を引き受ける
傭兵チームのようなグループ<エクスペンダブルズ>のお話。


ちなみに、
<エクスペンダブルズ>の意味は「消耗品」



何が凄いかって・・・・・・・・・・・出演者が、


シルベスタ・スタローン(監督も彼) 
※<エクスペンダブルズ>メンバー

ジェット・リー 
※<エクスペンダブルズ>メンバー

ジェイソン・ステイサム(トランスポーターシリーズ) 
※<エクスペンダブルズ>メンバー

テリー・クルーズ 
※<エクスペンダブルズ>メンバー

ほかにも・・・・・・

ドルフ・ラングレン 
※<エクスペンダブルズ>メンバー

ランディ・クートゥア(プロレスラー!!これがデヴュー作?)
※<エクスペンダブルズ>メンバー

さらに、脇を固めるのは・・・・・・・

ミッキー・ローク

ブルース・ウィリス

アーノルド・シュワルツェネッガー

あ!!

これから観るヒトに過度の期待を持たせては申し訳ないので、
誤解がないように補足説明をしておきますが、
この3名は、あくまでわき役です・・・・・・・・・・。



改めて書きならべてみると、
やっぱり凄い!!!!


これに、あとスティーブン・セガールが加わったら、最強かも・・・・??(笑)


なんか、アクション映画なのに、 あまりにもメンバーが強靭すぎて、全然緊張感なくって、 ものすごく安心感たっぷりで観られる作品です。(爆笑)


つーか・・・・・ 敵がかわいそう!!!(T_T)



nice!(12)  トラックバック(0) 

EP-4「リ・ン・ガ・フ・ラ・ン・カ DELUXE」 [収穫]

で・・・・で・・・・出た~~~~っっ!!!!


EP-4「リンガフランカ」の、パーフェクト仕様


EP-4「リ・ン・ガ・フ・ラ・ン・カ DELUXE」

P1000795.jpg


「リンガ・フランカ-1 昭和大赦」

「リンガ・フランカ-X 昭和崩御」

各オリジナルジャケット仕様 紙ジャケCD2枚組

外箱入り




えと・・・・・・・・・・・・・

はっきり言って、ほとんどのヒトにとって「なんじゃそりゃ???」な世界だと思いますが、

めんどくさい方は、気にせずスルーしてください。(笑)





80年代、日本のインディーズ系アーティストですが、

アルバム完成度は、むちゃくちゃ高水準です!!!!!


気になる方は、こちらの記事をどうぞ



emoji566[1].gif      EP-4「リンガ・フランカ・1 ~昭和大赦~」


そのアーティストの代表作が、ほぼ完璧な形で復刻されたのです。(^◇^)わ~~い!



あまり嬉しかったので、思わず記事にしちゃいました。








nice!(12)  トラックバック(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。